秘密のH体験談ブログ 最新更新情報!

2018年1月14日フェチ・マニアな体験談
【フェチ】なおぼんは見た 後編【マニア】
2018年1月14日フェチ・マニアな体験談
【フェチ】私の願望を聞き入れてくれた妻【マニア】
2018年1月13日フェチ・マニアな体験談
【フェチ】妹のトイレに中まで付き合う俺……【マニア】
2018年1月13日フェチ・マニアな体験談
【フェチ】アパート暮らしは楽しい!③【マニア】
2018年1月13日フェチ・マニアな体験談
【フェチ】3.息子のお友達に見られて興奮する私【マニア】

【痴漢】初めて縛られた30代奥様の体験【電車】

30代半ばの専業主婦の奥様の体験のお話です。
結婚して7年位、旦那様は割と堅めの職業で、子供はいないとのこと、夫婦関係は、1か月に1度程度、前戯の時間は短く、旦那さんが逝った後は、すぐ寝てしまうといった性生活をされていて、奥様としては、不満が蓄積されてきているとのことでした。浮気の経験等は一度もない。
このような状況の奥様は世間に割と多く存在しているのではないでしょうか。
ご利用された理由としては、SMに興味があるというよりは、縛られて刺激されて逝ってみたいとの事でした。縛られた経験は殆どなく、結婚前に付き合っていた彼に、一度、ホテルのタオルで手を縛られてされた事がある程度。ただ、その時に、すごく感じてしまった。しかし、それ以降の彼、現在の旦那とは、一度もそういうような感じでされたことがないとのこと。雑誌の記事等で「縛られて」といったような記事をみた時等は、昔の彼との経験が思い起こされ、縛ってされてみたいと思っても、自分から縛ってほしいというようなことは、旦那には言えずに悶々としてしまう、といったようなこともおっしゃっていました。
旦那以外の男性と、密室で二人きりというようなシチュエーションは、初めてなので、お会いしてからホテルに入ってしばらくするまでは、かなり緊張している様子。
ホテルに入ってから会話をし始めてから、少しリラックスし始め、顔の表情は少し和らいだ感は、ありましたが、心の中のドキドキ感、緊張感、不安感は、和らいだ表情の中にも見え隠れしていました。結婚してから旦那以外に、素肌を晒してしまうのは、初めてですからそれだけでも、緊張してしまうのは、当然でしょうね。素肌を晒すだけにとどまらず、秘めていた願望を体験した時に、どんな自分を見られてしまうのか・・・・といったようなことも想像されていたのかもしれません。
ドキドキしたままの状態で、奥様はアイマスクをされて、立たされます。視覚を閉ざされた状態で、手を後ろに回され、手錠をされてしまいます。手の自由を奪われた後に、衣服の上からではありますが、身体に触れられ始めます。腰・・・お尻・・・前に手は回り、太腿・・・徐々に上部へ・・・触れられた手が動く度に、奥様の身体は、微かに震え、息も少し荒くなり始めてきます。胸に触れる前に手はとまり、奥様の耳元で囁きます。「まだ、触れ始めたばかりですけど、濡らしたりしているなんてことはないですよね?」 ・・・『そんなことはないと思います』 ・・・「本当ですか?」 ・・・『多分』 ・・・「確かめてみますよ」 ・・・『・・・・』 胸元下まで上がっていた手は、徐々に下へ・・・太腿から、膝まで下りた手は、内側に・・・・そして、徐々に上がっていく。内股からスカートの中へと、ゆっくりと・・・・手は、最深部へ・・・ ・・・「かなり熱気を帯びているようですが」 ・・・『・・・』 ・・・「確かめてみた方が良いみたいですね」 ストッキングに手がかけられ、下されていく。取り除いてしまった後に、手は再び、膝から最深部へと這って・・・・指先が下着の中心に触れると、明らかに湿り気を帯びている。 ・・・「折角おしゃれな下着穿いてこられたのに・・・」 ・・・『・・・・』 ・・・「自分でも気が付く位の湿り具合ですよね」 ・・・『・・・』 ・・・「気が付いていたのでしょう。」 ・・・『・・・』 ・・・「いつからですか?」 ・・・『電車で移動していた時から、気が付いていました』 ・・・「折角の下着が、汚れたままなのは、良くありませんね」 スカートの中から下着が取り外されてしまう。何も身に着けていない内股に指先が這い、中心部へ・・・ 奥様の身体が震え、声が出てしまう。続きは、次回に「女神のSM快感天国」でも

H体験談検索用タグ

||||||||||||||

2018年1月1日 | H体験談カテゴリー:痴漢体験談

【フェチ】拝啓 ご両親様 乱筆乱文お許し下さい その5【マニア】

拝啓
お父さん、お母さん。お久しぶりです。
大変なことになって来ました。伊藤パパの私のアナルへの開発意欲は徹底しているのです。
初めてアナルで逝けた次のデートの時に「アラジン2」と言うティルドを買ってきてくれました。
「これは、前と後ろの両方の穴に同時に挿入できて、クリトリスまで擦ってくれるようになっているんだ。
それぞれの突起の大きさも圧力式で自由に変更できるという両穴開発用のティルドだから、
わたしとセックスしない時間は常に下半身に嵌めておくように」
と自らの手でわたしに装着して、催眠術で鍵を掛けて帰りました。
除こうとしたら痛くて取ることが出来ないのです。
一生着けていなければならないのでしょうか。
お陰様で立ったり、座ったり歩いたりと動く度に蜜壺の肉壁・アナルの肉壁・それにクリトリスの三カ所が微妙に擽られて、
刺激を与えられて激しく動くと、まともに立っていられなくなるほど快感に襲われます。
この快感も徐々に激しいモノでないと満足出来なくなりそうで、少し怖いんです。
スーパーに買い物に行くときも、ご近所の奥さんと廊下で立ち話をするときも常に快感に襲われました。
最初の頃は、快感が走る度に、そこが何処であろうと我慢できずにしゃがみ込んで尻餅を突いてしまっていましたが、

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2017年12月30日 | H体験談カテゴリー:フェチ・マニアな体験談

【初体験】夫に相手にされなくて7【チェリー】

ある日夫が新入社員を連れて
家に帰って来た時の事なんですが
『ただいま、新入社員の○○君だ』
「こんばんは、散らかってますけどゆっくりしていって下さい」
《こんばんは始めまして》
『遠慮しないで上がってくれ』
『○○君はお酒は飲めるのかな?』
《はっはい少しなら》
『ビールでいいかな?』
《はい》
『なんかつまみもたのむよ』
「わかりました、ただいま」
「お口に合うかわかりませんが」
《はい、いただきます》二人はだんだん酔って来たみたいで
夫は○○君に下ネタを話したりして

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

||||||

2017年12月23日 | H体験談カテゴリー:初体験談

【友達】セフレに頼まれて中出し放置プレイ【ヤリ友】

金曜の夜に、女友だち、いわゆるセフレから頼まれていたことを実行しました。

頼まれていたのは、「いやというほど中出しされたい」というものです。

これまで何度か、そういう話があり、密かに計画をたてていました。
そのままの勢いで私の趣味?というか一度やってみたかった野外での中出しセックスも敢行しました。

金曜の晩(昨日ですね)彼女に外に出て食事をしようと提案しました。

但し、下着はつけずに、という条件で。ついでに服が汚れるかもしれないから捨てても良いものにと更に指定を付けます。
これで何かを察したようで、嬉しそうに「いいよ」と返事をしてくれました。

待ち合わせ場所に現れた彼女は

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2015年8月26日 | H体験談カテゴリー:友達との体験談

【初体験】彼氏のいる純朴なJKをケツ穴奴隷にした記録 【チェリー】

ベッドの上に、黒髪の少女が四つん這いで自分でお尻を左右に広げ、アナルを剥き出しにしいてる。彼女は芽依、まだ2年生の女子校生だ。

私との出会いは、雨の日に傘を差しながら自転車に乗っていた彼女が、赤信号に気がつかず飛び出し、私の車の側面に激突したことがきっかけだった。自分が悪いと自覚していた彼女は、必死で私に謝ってきて、私はそれを巧みに利用して彼女を我が物にした。

彼女は、今時の女子校生という感じではなく、黒髪ノーメイク、真面目で地味な印象だった。そして、可愛らしさの欠片もない黒縁眼鏡をしていたので、余計に地味に見えていた。でも、私は彼女は磨けば光る原石だと気がついた。
そこから、私の調教の日々が始まった。

私の車に派手にぶつかり、雨の中転倒した彼女は、ずぶ濡れになっていた。
『ゴメンなさい! 傘で信号が見えませんでした。本当にゴメンなさい!』
ドアがベコッとへこんだ私のBMWX6を見て、青い顔になっている彼女。私は、保険も入っているし、金銭的には余裕のある立場だったので、逆に彼女の怪我や自転車のことを心配した。

そして、私のマンションがすぐ横だったこともあり、一旦彼女を招き入れた。びしょ濡れになり、謝り続ける彼女は、私に言われるままに私の部屋までついてきた。普通ならば、初対面の男性にくっついて部屋まで来たりはしないと思うが、そんな事も判断できないほどにパニックだったのだと思う。
ただ、この時の私には下心はなかった。子供相手に怒りもなければ、性的な対象としても見ていなかった。

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2015年5月5日 | H体験談カテゴリー:初体験談

【寝取られ】子育てを終えた妻の衝撃的な願い 【絶望】

結婚して18年、本当にあっという間だった。嫁の亜衣とは、まだ18歳で短大に入学したばかりの彼女を妊娠させてしまったことで、結婚に至った。

当時26歳だった私は、その時すでに父が興した会社の社長だった。父と母を事故で亡くしたことによりそうなったのだが、それは人生の転機だった。父が興した会社は、父が作り出した健康食品のおかげで、ほとんど何もしなくても、毎年一般サラリーマンの生涯賃金ほどの年収を私にもたらしてくれた。

そんな状況で、若い私は増長して天狗になっていた。その結果、遊びまくって18歳のまだ右も左もわからないような亜衣を妊娠させてしまった。当然、金で解決して堕ろさせようと思ったが、その時の亜衣の態度に感銘を受けて結婚に至った。

その時の亜衣は、すべて自分の不注意のせいなので、自分で解決すると言った。私に責任を追及するでもなく、お金を要求するわけでもなく、あまりに潔い態度に、私は心を奪われた。

そして、結婚して本当に良かったと思える18年間だった。息子のこともしっかりと育て上げ、息子は今年から東京の国立大学に通い始めた。そして、妻としても申し分がなかった。結婚当初は下手だった料理も、出産する頃には小料理屋で出てきてもおかしくないほど美味しくなっていた。そして夜の生活の方も、妊娠中も、子育ての期間も、しっかりと恋人として対応してくれた。
母と恋人、そして妻、すべてを完璧にこなしてくれる亜衣に、私は日々愛を深めていった。

金銭的にも精神的にも満たされた毎日を送りながら、こんな日々がこの先も続くものだと思っていた。

息子が家を出た夜、亜衣を抱いた。思春期の息子がいると、どうしてもセックスの回数が減ってしまう。私が亜衣のことを抱きしめキスをすると、妻もそれを待っていたように応えてくれた。

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

||||||||||||||

2015年3月18日 | H体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【ホモ】おじさん二人に3日間監禁されて牝の喜びを教えられた 【ゲイ】

僕は、自分で言うのも恥ずかしいけど、イケメンに生まれたせいで女に困ったことがない。まだ21歳だけど、15歳の初体験の時から数えて、リアルに100人斬りしているかもしれない。

そんな毎日なので、正直セックスも飽き気味で、だりーとか思っていた。
そんなある日、人生を強制的に変えられるような出来事があった。
僕は、3日間監禁された。そして、男に犯され続けた……。
二人のおじさんに、徹底的に犯し抜かれた。

そして、そのおじさんのテクニックに、僕は完堕ちした。それ以来、女を見てもやりたいと思わなくなってしまった……まさか、自分が男に目覚めるとは……。

今日も二人に呼び出されて、僕は大学を早退して、身支度を調えていた。
まず、すぐにシャワーを浴びて、全身の無駄毛を剃る。そして、入念に歯磨きをして、シャワーヘッドを外す。そして、シャワーを使った浣腸をして、腸内を徹底的に綺麗にする。これは、とくに入念にする。

綺麗にしたつもりでも、少ししたら汚れた水が漏れたりする。僕は何度も何度もそれを繰り返し、その場でジャンプをしたりして、徹底的に腸内から水分を排出する。
僕は、このために食事にも気を使うようになっていた。ほぼ肉を食べなくなったし、食物繊維を多量に摂るようになった。

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2015年1月17日 | H体験談カテゴリー:男同士の体験談

【友達】恵子3【ヤリ友】

ローターをそっとマンコの割れ目に沿って流していくと「あっ。。はっはっあ~ダメェ」と声を上げる
そして、はみ出したクリトリスに強めに当てると「くっ くっはぁはぁはぁあんあんあ~んはぁはぁ」
新しい彼の為に抵抗して、堪えていた心を快楽が飲み込むのも時間の問題だった。
あそこからは、ものすごい量の愛液が垂れて、クリまで濡れこんでいく。。。
俺「膝を立てて尻を突き出せ」
恵子「いや いやもうやめて、彼を裏切れない」
ローターで今度は、マンコ穴に擦り付ける
恵子「あ~~~~っだめーそこは。。。だめっだめっあんあん」
俺「早く尻を突き出せ」
恵子「いやいやダメ」
ローターをマンコの中へ入れると
恵子は、体をよじらせ
恵子「やめて!おかしくなるぅ~」
俺は、ローターのスイッチを切った
恵子は、息を荒げていた。俺は、恵子の脚を持ちあお向けにした

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

||||||||||||

2015年1月14日 | H体験談カテゴリー:友達との体験談

【学校】中学時代ちょっとした悪戯のつもりが 【教室】

中学3年の夏、俺達は無敵だった。

中学校の最上級生になり、校内に怖い者がいないという環境は好きな事が何でも出来ると思っていた。

俺達は別に悪かったわけではない。

他校のガラの悪そうな奴等に恐怖し、安い万引きをして自慢し合う程度のレベル・・・悪ガキって感じだった。

それでも校内では逆らう奴がいないので俺達は無敵になれたし、悪ぶったりもしていた。

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年12月17日 | H体験談カテゴリー:学校での体験談

【友達】ナンパ【ヤリ友】

俺はたまに名古屋の金山駅でナンパしていて、そこで釣ったバカ女をセフレにしてオマンコしてやっている。
そいつは金山の少し北に有るテレビ局の近くで働いていて、仕事の帰りによく金山駅で食事や買い物をするらしい。
顔はまあまあ可愛いけど、マスクを付けた通りすがりの見知らぬ人を見て、「ダサッ!」とか「死ねばいいのに(笑)」なとどいうとんでもない暴言を吐くクソアマなので、オマンコする時はいつもフィニッシュは顔面シャワーして、鼻の穴を両方ともチンボ汁でふさいで懲らしめてやっている。
ケツの穴を舐めさせて女の目の前で屁をこいたりもしている。
女は完全に俺のチン長22センチのデカマラチンボの虜になっているので、どんなハードなプレイを要求をしても聞き入れるエロボケ女に成り下がっている。
女の方は俺と恋人として付き合っていると思っているが、俺にとっては数人キープしている性欲処理用の便所女の一人にしか過ぎない。
適当にキープしておいて、ウザくなったり飽きたりしたらポイ捨てして終わり。
この前会ってハメた時は、最初の一発で三十分くらいハメ続けて四回も女をいかせてメロメロにしてやった。
俺は女の鼻の下と鼻の穴をブチユブチュベロベロと舐め回して「フンフンフンフン!」と唸らせてやった。
そんで女の鼻の穴に両方とも指を突っ込んで、チンボでマンコを犯しながら鼻の穴を指でほじくり回してフガフガ言わせてやった。
途中で正常位からバックにチェンジして、女のケツをかかえこむようにして「バホッ!バホッ!」と卑猥な音を立ててマッハピストンしてやった。
女は「マンコ気持ちいい!」だの「チンボチンボ!」だの卑猥な言葉を口走っては何度も絶頂に達していた。
ピストンしながら「チンボ好きなのかい?」と女に聞くと、「大好きぃぃぃーっ!チンボ好きチンボ好き!チンボ好きチンボ好きチンボ好き!」などとナイスな返事が返ってきたので、俺は口元を吊り上げて悪魔のような笑みを浮かべながら「よっしゃ!くらえチンボを!おらおらぁーっ!チンボチンボチンボォォォーッ!」とか言って、更に激しくピストン運動を繰り返してやった。
女は「ヴアアアーッ!もうダベェェェーッ!」などとケダモノじみたバカでけえ声を上げて、涙とよだれと鼻水を垂らして、頭を上下左右にブンブン振り回して「チンボチンボチンボチンボ!」と吼えまくっていた。
そんで俺は更に激ピスしてからチンボをマンコから抜いて、女を仰向けにひっくり返してチンボしごいて、「くらえメスブタ!」と叫んで女の鼻の穴にめがけて顔面シャワー!

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

||||||||

2014年10月2日 | H体験談カテゴリー:友達との体験談
1 / 2112345...1020...最後 »

このページの先頭へ