秘密のH体験談ブログ 最新更新情報!

2018年1月14日フェチ・マニアな体験談
【フェチ】なおぼんは見た 後編【マニア】
2018年1月14日フェチ・マニアな体験談
【フェチ】私の願望を聞き入れてくれた妻【マニア】
2018年1月13日フェチ・マニアな体験談
【フェチ】妹のトイレに中まで付き合う俺……【マニア】
2018年1月13日フェチ・マニアな体験談
【フェチ】アパート暮らしは楽しい!③【マニア】
2018年1月13日フェチ・マニアな体験談
【フェチ】3.息子のお友達に見られて興奮する私【マニア】

【寝取られ】続・妻友子の不倫告白!【絶望】

第14章 禿げ部長との関係…
妻の元彼・加藤との不倫告白から2週間後の晩の話しです妻とベッドの上でじゃれ合っていました…私が妻の乳房やアソコのクリ辺りを指で弄ったりしていると…妻も欲しくなったみたいです…私のアソコ口に含んで来ました。
妻「ファム・ジュボ・ジュボ…マサ君オチンチン~挿れて…欲しいよ~」
私「あー友子気持ち…良いよ…」
でも何故か勃起しませんでした…そうですこの前の妻のDVDの一件で私は何故だか?ED気味でした…妻も本当にもの欲しそうにしています。
私「そうだ…友子…部長とのSEXの内容を詳しく話してくれる?」
そうです私は妻が寝取られて興奮する寝取られM夫に目覚めてしまったんです。
その部長というのは当時既婚で46歳その時妻はK(加藤)に捨てられて自暴自棄に成っていた…26歳に成ったばかりの…頃の妻のセカンドバージン相手でした。
妻にはまだ部長との不倫関係の内容を詳しく聞いていませんでした…部長さんは私たちの結婚式で祝辞を述べてくれた人です、なんか私は何か複雑な気分です。
妻「今更そんな話し聞いてどうするの?喧嘩に成るでしょ…?」
僕「絶対に怒らないから…友子の話聞いたら…勃起するかもしれないから…」
妻「う~んもう…仕方無いから話してあげるの…もめるのは無しよ」
としぶしぶ話してくれました…妻がKに捨てられた噂は当然同じ部署の部長の耳に入ってました・・・
これからは妻の告白通りに書きます。
妻いわく…部長は友子が新入社員の時から、狙っていたらしくて…しかしKが妻の友子を彼女にした時から部長はKに対して何だか厳しく当たっていたそうです。

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月26日 | H体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【温泉】息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった2 【混浴】

息子と二人でスキーに行き、泊まった温泉宿は、金田一耕助の物語に出てくるような、秘境の隠れ宿みたいなたたずまいだった。
そして、そこを切り盛りする若女将は、和服のよく似合う色気あふれる良いオンナだった。
それだけでもこの宿にした甲斐があると思っていたが、お客さんとして泊まっていた女性二人が、最高にエッチな白ギャルと黒ギャルだった。二人とも美容師で、スノーボードのために来ていたとのことだったが、混浴風呂でその素敵な裸体を見せてもらえた。

そして、キャバクラ状態で彼女たちと食事をし、夜には若女将のスペシャルマッサージまでしてもらえた。

『じゃあ、マッサージ続けますね#9825;』
若女将はそう言うと、スッと立ち上がり、着ていた作務衣を脱ぎ始めた。そして紫のセクシーなブラジャーも脱ぎ、全裸になると、
『たるんでて恥ずかしいです……』
と言った。確かに、38歳という年齢なので、明奈ちゃんと比べると垂れてしまっているが、それでも抜けるように白い餅みたいな胸は、私の欲情をかき立てた。

肌の白さは、景子ちゃんと同じくらい白いと思う。でも、加齢のせいか、それとも経験数の違いからか、彼女の乳首は親指ほどの大きさがあり、なおかつ色素も沈着していた。そして、少し大きめの乳輪も、同じように少し色素が沈着していた。癒やし系の上品な顔からはギャップがあるエロい体に、私はイッたばかりなのに、先ほどからずっとカチカチのままだ。
そして彼女は、ポーチから小さなプラスチックのボトルを取り出すと、中身を手の平に垂らし、私の身体に塗り広げ始めた。それは、良い香りのするオイルだった。
『オイルマッサージしますね』

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年4月25日 | H体験談カテゴリー:温泉での体験談

【友達】あらすじ【ヤリ友】

36歳母親&12歳娘を集団レイプ。旦那の海外出張狙い自宅侵入5日間。
娘への性教育。処女喪失&アナル処女喪失。69、チンカスフェラ、金玉舐
め、顔面騎乗し肛門舐め奉仕。浣腸排便、移尿、飲尿、男のウンコ食い。ゲ
ロ飲み、ゲロ浣腸。うっすら生え始めた陰毛を毛抜きで1本残らず抜く。浣
腸→アナル栓→吊り→移尿プレイ→逆さ吊り→前後からの同時ムチ打ち→放
尿&排便。非道の乳首ピアス。陰唇ピアス。マンコに入れ墨。監禁最終日に
3穴同時挿入中出し。クスコでマンコ開き幼い子宮をチェック。肛門破裂。
中出し103発。アナル中出し28発。号泣、過呼吸、38度の発熱も容赦
せず大量に氷を入れた水風呂に20分沈める。風呂に入れたまま氷水浣腸。
ひきつけを起こし全身痙攣する身体をテーブルに礫、ローソク&ムチ。母親
が泣きながら許しをこうも無視。テーブルを浴室の入口に立て、シャワーで
15分間水ぶっかけ。体温40度に上昇し全裸のまま男2人に抱かれて眠り
につく。母親SM拷問。完全剃毛、マンコ入れ墨。乳首ピアス。フィスト&
2本同時挿入。中出し39発、アナル中出し16発。母親娘共に妊娠。離
婚。裏ビデオ流出。参加者21名。

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月18日 | H体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】青空の虜【ヤリ友】

第1話□夏休みの午後 ※
[1/3㌻]
——————————————————————————–
2年生の夏休みの午後1時。陽菜は、学校の最上階にある用具室に呼び出された。用具室とは名ばかりの物置で、使わなくなった机や椅子が雑然と積まれている。
薄暗い室内。自分を呼び出した同級生の美沙樹たち3人の姿はない。
仕方なく、「用具室につきましたけど」とメールを入れてみる。
返信メールの変わりに電話が鳴った。美沙樹からだ。
「あ、陽菜、そこで全裸になってー」
美沙樹の楽しげな声。うしろから笑い声が重なる。由香里と綾奈もいるに違いない。
「ここでですか?」
「そうそう。さっさと脱ぎなよ。わたしらが来るまでに全裸になってなかったら、洒落になんないよ?」
洒落になんないよ?は美沙樹の口癖だ。逆らえば、ひどい目にあわせる、と言っているだと経験でわかる。
「わかりました」
陽菜は、声を震わせながら、そう答える。
「全部脱いだら、電話してきな」

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月11日 | H体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】妻のまりやが、フィスト狂いだった 【絶望】

妻のまりやが、ある日いきなりいなくなった。
結婚して6年過ぎ、子供も小学校に上がって幸せな毎日だと思っていた。それが、一枚の書き置きだけを残していなくなってしまった。

まりやは29歳の専業主婦で、170cmと長身だが、童顔というかちょっと眠たい顔をしている。モデルの西内まりやに似てると言われることがちょくちょくあって、本人も意識して同じような髪型にしたりしていた。
僕と知り合ったのは病院で、バイクで事故って入院した病院にいたのがナースのまりやだった。

背が高いので、普通のナース服がちょっとミニスカっぽくなっているのと、胸のところが凄く盛り上がっているのが強烈な第一印象だった。

ただ、見た目はマイルドで童顔なのに、中身は結構キツくて、入院しているおっさんや若い子達にセクハラっぽいことを言われると、汚物を見るような目で、
『奧さん(お母さん)に警告しときますね』
と言い、本当に実行する強気な女だった。

僕は生まれつきの弱気が功を奏し、変なことを言ったり、手を握ったりしない”良い患者”という地位を獲得した。
入院していた1ヶ月弱の間で、かなり親しくなって、雑談とかもよくしたが、番号の交換やメルアドの交換などは出来なかった。

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年9月11日 | H体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【ホモ】いかにも 【ゲイ】

東京に出張した際、兼ねてから足を運んでみようと思ったハッテン場の○○に行ってみた。
人数が多い分派手に盛り上がっていて、あっちこっちの暗がりからよがり声が丸聞こえだ。

その中でも一番大きい声を出している男をちょっと見てみたらスゲエ!短髪マッチョの「いかにも」な雄臭い野郎が、
股広げてブッ太い拳をケツま○こにガンガンぶち込まれてチ○コビンビンにオッ勃ててヨガリ泣いてる!
こんな雄野郎がフィストされてんのか?!この体は相当鍛えているだろうし、顔も男臭いから、
普通にしてても十分もてるんじゃないのか?近づいてよく見ると、ケツも前もツルツルに剃り上げられている。
チ○コはそこそこでかくて、根元にコックリングが三重に仕込んであって、それで締められているもんだから、
萎えようにも萎えられないし、いきたくてもいけないって仕組みだ。

しばらくそいつのチ○コしごいたり乳首責めたりして遊んでいたら、奥の方に人がどんどん吸い込まれていくのが見えた。
何だろうと思って行ってみると、こっちの方がもっとスゲエ!短髪マッチョの「いかにも」な雄臭い野郎が、股広げて
ブッ太い拳をケツま○こにガンガンぶち込まれてチ○コビンビンにオッ勃ててヨガリ泣いてる!
こんな雄野郎がフィストされてんのか?!この体は相当鍛えているだろうし、顔も男臭いから、
普通にしてても十分もてるんじゃないのか?近づいてよく見ると、ケツも前もツルツルに剃り上げられている。

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

||

2014年9月8日 | H体験談カテゴリー:男同士の体験談

【寝取られ】セックスレスの嫁がエロビデオを隠してた3 【絶望】

嫁の加奈子とは、子供が中学になった頃から、セックスレスだった。
それでも俺は、キャバ嬢とよろしくやっていたし、家庭も幸せな家庭だと思っていた。

それが、偶然見てしまった、嫁が若い男達にひどいことをされている動画、、、 それによって、すべてが壊れつつあった、、

俺に、ある日突然送りつけられた動画は、嫁をオモチャにする、大学生くらいの男達3人が映っていた、、
嫁は何かで脅されてレイプされている、、、 そう思っていたのに、嫁は積極的に快感をむさぼっているように見えた、、、

ただ、どちらにしても、この酷い状況を変えなければいけない、、 そう思った。
でも、加奈子も含めて、誰かに動画のことを話したら、ネットにばらまくと警告されている、、、

ネット拡散の恐怖は、過去の色々な流出事件でよく知っている、、 正直、手の打ちようがないと思った。

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年5月25日 | H体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】嫁が、息子の同級生(巨根)と4Pしていた、、、3【絶望】

セックスが好きで、求めてくる回数も多かった嫁の明美の、セックスのおねだりが目に見えて減った。
加齢によるものと思いながらも、疑念はつきずに、隠しカメラでの家庭内盗撮をしてしまった。

そこに映ったものは、息子の同級生達と、嫁主導で4Pをしている姿だった。
通常の浮気ではない、異常なシチュエーションに、私は怒りよりも驚き興奮した。

4Pをしていた内の一人の兄と、嫁は完全に出来ていた。
私とのセックスよりも10倍気持ち良いと叫びながらイキまくる嫁を見て、私は手も触れずに射精した、、、、

私は、動画の続きを見る事が出来なかった。

そして、放心状態に近い感じで帰宅した。

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年4月25日 | H体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた3【絶望】

嫁の麗子が、部長と一泊で温泉に旅行に行って以来、ただでさえ男女逆転していたウチの家庭は、より逆転に拍車がかかっていた。

嫁に寝取られ性癖を見抜かれてしまったこともあり、麗子はそれを巧みに刺激して俺を興奮させてくれる。

今日も甲斐甲斐しく嫁のために夕食を作っていると、嫁が帰ってきた。
同じ社内で、どんどん出世していく嫁に対して、出世を諦めている俺は、毎日こんな風に嫁よりも早く帰って夕食や家事をする日々だ。

「ただいま。わぁ、良い匂い!あんたは本当に良い嫁だよねw」
「それほどでも、、 もう食べる? 先に風呂入る?」
「wwそれとも、わ・た・し は?w」
「えっ?良いのっ!?」
「ウソだよw じゃあ、食べよっかw」
「は、はーーい、、」
あれ以来、麗子はセックスをさせてくれない、、 
この自宅で、部長が嫁を抱くのを俺が覗く、、 そんなプレイをするのを嫁と約束している。それが終わるまではセックス禁止だそうだ、、

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月2日 | H体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】妻との溝の理由【熟女】

妻と私の溝は相当深く20年近くたった今でも埋まることがない
同居の他人でしかない
妻と私の溝の原因は妻の浮気だ
疑惑というより確信だ
妻はそのころ車で5分程度の工場にパートタイマーで勤めていた
その工場に勤め始めて1年くらいの間、数週間休んでは一週間、二週間勤めては休むという具合で
一年間のうち出勤した日は三分の一程度なのによくもクビにならばいものだなと思うくらいの勤務状態だった
大企業等ほどでもないのにクビにならないどころかボーナスまででるという不思議な状態だった
それがある日を境にして休むことなく毎朝出勤し、午後5時半ころに一度帰宅して残業があるからと会社に出かけるほどに変身した
もともと家事をきちんとするという妻ではなかったが、子供の世話もしなくなってきていた
私が会社から帰る途中山の中の近道をしていると、妻の車によく似たサニーがダム公園の道路沿いの駐車場に止まっているので
不審に思って、徐行しながらその周辺を見渡すと妻と男が二人でベンチに座って何やら話していた
その時は、「あの女・・・」と思ったが、知らん顔をして様子を見ることにした
妻も運が悪い女なのか、私の顧客の自宅を訪問して車で帰るときに顧客の家から100メーターほどのアパートから出てくる妻を見かけた
それも平日である。確か今日は会社に行ったはずだがと思い見ていると、ドアを閉める際に上半身を部屋のほうに入れてキスをしていた

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

|||||||

2014年3月19日 | H体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ