秘密のH体験談ブログ 最新更新情報!

2018年1月14日フェチ・マニアな体験談
【フェチ】なおぼんは見た 後編【マニア】
2018年1月14日フェチ・マニアな体験談
【フェチ】私の願望を聞き入れてくれた妻【マニア】
2018年1月13日フェチ・マニアな体験談
【フェチ】妹のトイレに中まで付き合う俺……【マニア】
2018年1月13日フェチ・マニアな体験談
【フェチ】アパート暮らしは楽しい!③【マニア】
2018年1月13日フェチ・マニアな体験談
【フェチ】3.息子のお友達に見られて興奮する私【マニア】

【出会い系】社会人ってどこで出会うの 【ビッチ】

1:(‘∀`)2013/02/1213:06:52.87
マジでわからんのだが

出会い系やカップリングパーティーはあるが、最終手段という感じがしてしまう。
普通の人はどこで彼女を見つけてるんだ?

2:12013/02/1213:20:13.91
ちなみに俺は職場では同年代の女の子とは緊張してなかなか話しかけられないので
(そもそも部署が違うからわざわざ話しにいきづらい)
今のところ出会いは出会い系やカップリングパーティーに頼ってる状態です
後者でカップルになれたけどデートしたあとメール無視されるようになって終わった
前者では何人かと会ってるけど、顔が微妙な子ばかりで一回会って冷めてしまう
(俺の理想が高すぎる?)
可愛い子もたまにいたけど、会話が弾まなくて、だめだった

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

||||||||

2015年12月14日 | H体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【友達】半熟成卵巣シリーズ(6)【ヤリ友】

『 第六章 華麗なレオタード 』

ひまわりと小麦色肌の少女達が合う季節になった
ワンピースから覗かせる焼けた肌と素肌の境目はスクール水着の跡が残る
夏休みも後わずか宿題の追われる毎日を送る少女達 そして俺のマンションの
少女達の溜まり場 1室から聞こえる宿題に追われる絶頂の叫び声
「もおっ 夏休みの宿題が終わらないよぉ ねぇ 真弓ちゃん見せてよ」
「えっ 裕子ちゃん 自分の事は自分で遣りなさい」
「だって 分からないだもん ねぇ 8月2日は晴れだったかな雨だったかな」
優等生の真弓に見放された裕子が俺の部屋に来た
「おじさん うふっ♪ 宿題教えてよぉ・・・・ねえったら・・」
「おっ何だぁ 裕子ちゃんも腹巻のような洋服を着るのか」
「腹巻・・・ぷっふふっ これはねチューブトップと言うの 腹巻だってふふっ」
「その 何だぁ チューブトップと言う腹巻は動いていて落ちないのか」
裕子は上半身を左右に振ったり上下に飛んだりしながら

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2015年4月24日 | H体験談カテゴリー:友達との体験談

【不倫】女子大生 果歩 1 【浮気】

1     

「え?留学?どこに?」

「オーストラリアだよ。ダメ?」

大学近くのカフェ、果歩は恋人である友哉の切り出した話に少し驚きの表情を見せていた。

「ダメじゃないけど・・・。」

「語学留学したいって、前から思ってたんだよ。バイトで留学資金、やっと貯まったんだ。」

友哉はまじめな性格だ、留学資金は親には頼らず自力で何とかしようと思っていたのだろう。

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月11日 | H体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

【不倫】女子大生 果歩 1 【浮気】

1     

「え?留学?どこに?」

「オーストラリアだよ。ダメ?」

大学近くのカフェ、果歩は恋人である友哉の切り出した話に少し驚きの表情を見せていた。

「ダメじゃないけど・・・。」

「語学留学したいって、前から思ってたんだよ。バイトで留学資金、やっと貯まったんだ。」

友哉はまじめな性格だ、留学資金は親には頼らず自力で何とかしようと思っていたのだろう。

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月17日 | H体験談カテゴリー:不倫・浮気体験談

【寝取られ】ココロとカラダ【絶望】

「・・・愛しているわ。」「あなた、愛してる。」

 これが私の妻の口癖である。
 結婚して4年もたてば言われるこちらが気恥ずかしく感じるくらいなのだが、本人は照れるふうでもなく全く気にならないらしい。
朝起きた時、私が出勤する時、そして夜帰宅した時・・・、妻の口からはごく当たり前のように私への愛情を示す言葉が出てくるのだ。

 そして妻は、言葉だけではなくその態度でもその気持ちを隠すことなく示してくれる。
 常に私を信頼しきっているその笑顔。私にとって最良のパートナーたらんとするその前向きな姿勢。・・・外出する時はまるで恋人
同士のように腕を絡ませ体を密着し、ともすると一人娘が焼きもちを焼いてしまうくらいなのである。

 どんな時でも、どんな場所でも、私は常に妻の愛を感じることができたし、それは夜の夫婦生活においても例外ではなかった。
 夫である私を喜ばせようとする献身的な態度。自分も共に楽しもうとする積極的な愛情表現・・・。
 以前の私は、慎ましやかで清楚なふだんの姿からは想像も付かないそんな妻の姿が、私だけに向けられているものと信じて疑わなか
ったのである。子供を産んでも張りを失わないつややかな肌や、出産後少し大きさを増したツンと上を向いた形のよい乳房、白桃のよ
うに瑞々しいヒップ、そして淡い翳りに隠された秘密の場所も、その全てを知っているのは私だけだと信じていたのだ。

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月11日 | H体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】ムカつく野郎の妻を寝取るリアルプロジェクト8/31【熟女】

2008年8月31日(日)
こんにちは細川幹夫です。
先日からブログ形式で、皆さんに、僕が人妻を寝取る過程を楽しんで頂くべくスタートしました!
予め言っておきますが、最終的に寝取れるかは分かりません・・・
この前の水曜日は、塾長からのプレッシャーのお陰で、何とか高沢の嫁と話をする所まで進み、名前が「優里さん」と言う事も分かり、次に会った時には絶対しゃべれる関係を作る事が出来ました!
僕は早速木曜日の朝、本屋に寄ってインターネットビジネスの本を探しました。
この前、在宅でネットビジネスをしていると言ってしまったので、必死に情報を集めなければならない・・・
優里さんが知らなそうな分野で、一般的にも深くは分からない分野を調べた。
僕も詳しくは無いが、プログラマーなんかが良さそうに思えて、初心者向けの参考書と、サクセスストーリーみたいなのを購入した。
会社に着いてすぐに、塾長へメールで『報告がありますので今日どうっすか?』と入れると、『おう!9時までならいいよ!』と返って来たので、今日は飲みに行きます!
そして夕方になって塾長と飲み屋に行って、昨日の話をしました。
塾長:「どうだ昨日のシチュエーション!気に入っただろ?」
幹夫:「また酷いッスよー、アレは無いッスよー」
塾長:「あ?でも興奮したんだろ?どーせ」
幹夫:「えーまーそーですけど(笑)」

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年2月4日 | H体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】ムカつく野郎の妻を寝取るリアルプロジェクト8/24【熟女】

2008年8月24日(日)
こんにちは細川幹夫です。
先日からブログ形式で、皆さんに、僕が人妻を寝取る過程を楽しんで頂くべくスタートしました!
予め言っておきますが、最終的に寝取れるかは分かりません・・・
今週の土曜日に、初めて高沢の自宅周辺へ調査に行きました。
住所はダイレクトメールから調べたので、地図サイトをプリントして、僕の車で向かいました。
住所は練馬区の都心よりなので、杉並区の僕の家からは車で20分位です。
そして午後2時位に家の前に到着したのですが、何も準備してなくて、取り敢えず来てしまったので何も出来ません。
その日は家の前に30分程停車して、渋々帰りました・・・
調査すると言っても、初めてなので、何をしたらいいのか全然分かりません。
車から降りて、家を見に行こうとしたのですが、怪しく思われたらどうしようと思って、出る事も出来ませんでした。
しばらくして、塾長に相談の電話をしてみました・・・
幹夫:「塾長お休みのところすいません、幹夫ですけど・・・今、高沢の家の前まで行って来たんですけど、調査ってどうすればいんですかねー」
塾長:「何だよ、何も考えねーで行ったのか?自分で考えろよ!しょうがねーな、じゃあ状況少し教えろよ」
幹夫:「すいません・・・けっこーデカ目のマンションでオートロックだと思います、そんでマンションの前はバスが通る位のそこそこデか目の道で、そこに路駐してました。」

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年2月2日 | H体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】巨尻の人妻たち プール編【熟女】

とにかく高校生の頃から大きな白いお尻が好きだったのです。くびれから極端に大きく張った、サイズでいうと90以上の巨尻を後ろからわしずかみにして…妄想はつきません。自転車に乗っているお尻にもすごく興奮しました。若くてピチピチしたお尻より少しだらしないモチモチしたお尻が好きです。そんな巨尻を想像して毎日さわっていたら自分のモノも凄く大きくなり、20才すぎた頃には巨チンになりました。両手で根元からつかんでも頭が丸々でるほどで、太さも女性の手首ほどあり、太い所で5cm、長さは17cmくらいです。巨尻を求めて昼間のスポーツクラブへ通っていた時の事です。昼間のスポーツクラブはおばさんというよりおばあさんが中心で、その日も1、2コースは20人ほどのバアサンが水泳レッスンを受けていました。私はフリーコースで軽く泳ぐのですが、そこに目指す巨尻が前をプカプカしてたのです。しかも二人も…。30代後半。一人は155cmくらいのコロコロタイプ、もう一人は160cmくらいでポッチャリ型。二人とも色白で申し分ありません。私はもうたまらず水中メガネを着けて巨尻をさりげなく追いました。平泳ぎの後ろを泳ぐ
のがワクワク します。プールの中ですが少し大きくなってきました。4、5往復するとポッチャリが脇にあるジャグジーへ向かったのであやしまれない時間差をつけて私も上がりました。ジャグジーの中は二人だけだったのでドキドキしました。奥のポチャから一人分開けて手前に横になりました。しばらくするとコロが上がってきて間に入ろうとしたので、ここぞとばかり足をのばしてやりました。「あっ」小さな声を出し、つんのめって私の方へ倒れてそのはずみで彼女の右手が私のモノに…。弾力ある胸が私の顔に…。「ごめんなさい」「いぇ」「こんなオバサンじゃ抱きつかれてもイヤよねぇ」「そんなことないですよドキドキしました」「本当〜」「本当ですよ」そして、なんとなくお互い意識したあと、ジャグジーの泡の中で手がコロの手に当たったので握ってみると、すぐ握りかえしてきます。これは少し脈ありと思い、ふとももに沿って水着まで手をのばしました。こちらの巨チンはもうパンパン。嫌がらないので水着の中まで手を入れてみると。もう濡れています。「ふぅ〜ん」押しころしたようなため息が…。そこでコロの左手を掴み巨チンを握らせてみました
。「えっ」あまりの大きさにビックリしたのか思わず私の顔をみたんです。すると、いままでじっとしていたポチャが立ち上がり私の左側に移動してきて、いきなりモノをつかみ、しごき始めました。なんとなくわかってたようです。「なにしてんの、うーんすごいのね」「プールで私のお尻みてたでしょ」「すみません」「これから二人でお昼ご飯食べるんだけど来ない」「いきます」二人と待ち合わせ時間きめてプールを出ました。ただジャグジーで果てなかったのでバアサンたちの前を水着の前パンパンで歩くのはちょっとはずかしかったです。ポチャのマンションに三人で着くなり、私は二人を食卓に手をつかせ。お尻をつきださせました。服を着たまま巨尻丸出しにしてしたかったのです。「えっもう」二人はあわてていますが容赦は無用です。スカートをたくしあげ一気にパンティーまで下ろすと二つの巨大な白い臀部がつきでました。後ろから両手を広げて二人を触ると二つともヌルヌルです。ポチャを焦らすことにしました。まずコロの巨尻をガッチリつかみ巨チンを先だけ入れてやりました。「あ、あああ〜ん」「おおき〜い」少し先だけでピストンすると、物凄くよがり
ました。ポチャが催促してきます。「ねぇ〜」左手で尻の谷間をすべらせアソコを触ってやると、1m級の巨尻をふりながら、喘いでいます。「入れてぇ〜」でも入れません。放っておきます。コロの方は半分入れたままのピストンでかなりいい感じです。「奥まで入れようか。?」「来て〜」でも奥まで入れません。巨チンも最高潮にエレクトしてきて、ここでポチャにスイッチ。ポチャの巨尻を両手いっぱいで挟み込むと一気に根元まで突き刺しました。「うぐぇ〜あんぁ〜いい〜」しばらくピストンしてからコロにも今度は奥までズドン。「あたる〜いい〜」それからは3ピストンずつ交互に突きまくりました。コロはすぐにいき、ポチャとはさらに5往復したあと一緒にいきました。巨尻をバックからするのがたまらないのです。

H体験談検索用タグ

||||||||||

2014年1月31日 | H体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】クッキー缶のビデオ【絶望】

妻の留守中に、ふと昔の写真を見たくなり、当てずっぽで、ここら辺かなとクローゼットルームのタンスの奥を探していた。そして、写真などが入れてある見覚えのある箱を見つけた。その通り中には、整理されていない写真が撮影の時期別に、写真サイズの小さなポリ袋に細かくまとめられてあった。いくつかポリ袋を物色し、目的の写真を見つけて満足していると、さっき開けた箱の下に、もう一つ黒い紙袋に包まれたクッキー詰め合わせギフトの「缶箱」があるのに気が付いた。ちょっとした好奇心に中を開けて見ると、1から10までの番号がラベルされたVHSタイプのビデオテープが10本入っていた。すべては、このビデオテープを偶然に発見してしまった事から始まる。
<1本目>
このビデオって、昔俺が持っていたエロビデオかなんかかな?だとすると裕美子の奴に、結婚前にこんなビデオ見て、センズリばっかしてた事バレたかな。やばいな、確か俺が持っていたのって、当時は真面目ぶってたけど、エロエロな陵辱系とかだったよな。アイツに軽蔑されそうなの一杯持ってたんだよなー。これがそれだったら相当キツイ。俺の変態趣味、知ってて黙ってたって事になるのかー。まあー仕方ないけど、今日は当分、裕美子の奴は帰ってこない予定だし、この際こっそり処分しておこうかな。あ、でもまず、ちょっとだけ鑑賞してからだな。なんだか…、少し楽しみだな。さーて、じゃあー、早速。【再生】っと。
ギシッー、ガタン、ガガガガガガ、ジジジジジジ…。
ん、んんーと、映った映った。
『…じゃあホントすいませんが、よろしくお願いしますね。もう裕美子さんしか頼める人いないんです。僕達を助けると思って…』
あ、え、何?裕美子って?妻と同じ名前だ。
『うちのフィットネスクラブでは、毎年女性会員さんをモデルにしてビデオコンクールがあって、各店から絶対に一人は出さないダメなんです。実際、会員さんへは当たってはみたものの、全員に断られちゃって。会員さんでしょ、あまり無理には言えないし。こういう事って、僕達みたいな若手のインストラクター社員が押しつけられて、応募出来ないなんて事になった場合、僕達の責任にされて、会員さんとのコミニュケーション不足とか言われて、社員査定0にされちゃうんです。査定が上がらないとプログラムクラスとかメイン担当させてもらえないし、永久に雑用係になっちゃうんですよねー。だ、だからホント困っているんです。なあ、おい、田中!お前からも、ちゃんとお願いしろよ。』
『あ、はい。僕は今年入ったばかりで、よく解らないんですけど、飯田さんの言うように、大変な事になってしまうらしいんです。僕からも、この通り…お願いします。』
なんなんだ、このビデオ?フィットネスクラブって何?
『あのー、なんだか恥ずかしいわ、私なんてダメだって。もう30のおばさんだし、結婚だってして子供もいるのよ。無理よ、絶対無理だわ。あー、田中君が持ってるビデオカメラ、赤ランプ点いてるー。やだっ、もう撮ってるの?やめてよ、恥ずかしいから。』
あ、あ、あ、…裕美子!!!なんでお前が…?このビデオって一体何!画面の右下にカウンターがあるぞ。え、何、これって、3年前に、撮影されたもの…。そう…フィットネスと言えば…たしか、裕美子が子供の小学校入学を機に事務のパートに入った、あのスポーツクラブの事なのか?たしか、あれって3年前くらいだったような。
『大丈夫です!僕が保証します。裕美子さん綺麗だし、スタイルだって、ここに通ってくる女性会員の誰より、いいじゃないですか!絶対大丈夫です。おい、田中、黙ってないでお前も何か言えって。』
『ええ、ホントにホント、北川さんは素敵です。綺麗です。お付き合いしたいくらいです。』
なんだと、この野郎!さっきから目、口唇、首すじ、とかアップで撮りすぎだろ!おーおい、今度は、胸、脚ばっか撮りやがって!

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2013年12月9日 | H体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】交姦日記【ヤリ友】

交姦日記  Home NovelTop
 
平成2年 1月21日(日)
娘が我が家にやってきた。今年で5才になるそうだ、今日から日記を付けることに
する。あまりにかわいくて心を奪われそうだ。洋子との間に出来たこの子は、今考
えるとやはり洋子が不倫していたからなのだろうか。毎日、少しずつ事情を書き記
していこうと思う。
1月22日(月)
娘の名前は、さなえ。音から来た名前で由来も何もない。名付けたのは確か洋子の
方だったと思う。さなえを今日から幼稚園に通わせることにした。単身赴任だった
俺が洋子と暮らしたのは一年足らずだった。
初めは経済的事情だったが、後々には会う理由もなくなっていったのが本音かもし
れない。娘を引き取ることになった理由は、妻の死、突飛なことに驚いたが悲しみ
はなかった。
この日記を娘のお前が読むことになったなら申し訳ない。ただ、ここには真実だけ

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年12月3日 | H体験談カテゴリー:友達との体験談
1 / 41234

このページの先頭へ