秘密のH体験談ブログ 最新更新情報!

2018年1月14日フェチ・マニアな体験談
【フェチ】なおぼんは見た 後編【マニア】
2018年1月14日フェチ・マニアな体験談
【フェチ】私の願望を聞き入れてくれた妻【マニア】
2018年1月13日フェチ・マニアな体験談
【フェチ】妹のトイレに中まで付き合う俺……【マニア】
2018年1月13日フェチ・マニアな体験談
【フェチ】アパート暮らしは楽しい!③【マニア】
2018年1月13日フェチ・マニアな体験談
【フェチ】3.息子のお友達に見られて興奮する私【マニア】

【フェチ】豚巫女【マニア】

郊外の資材置き場の駐車場にとめられた車の中に一人の男が座席を倒して寝ていた。
もし霊能力の有る人間が見たら、男の頭から白いヒモが出ている事に気づいたかもしれない。
離脱した男の魂は別の場所に居た、今は木の柵に囲まれた土地の中に居る大きな豚に憑依していた。
豚は深く深呼吸をしながら瞑想し、霊力を高めている。
男がブタに憑依して霊力を高めているのには理由があった、数ヶ月前から幽体離脱が出来るようになって男は、
他人に憑依して操り、時には女をレイプしたり、時には女に憑依してレイプされてみたりもした。
散々楽しんだ男はさすがにだんだん飽きて来ていた、だがその時偶然見かけたネットの掲示板に興味深い事が書かれていた。
何でも、哺乳類の精子であれば人間の卵子とも受精すると言う事が書かれてあった。
着床には至らないらしいが、人間の卵子にケダモノの精子が群がり受精するさまを想像すると、男は居ても立っても居られなくなった。
男が憑依した生き物は霊力を込めれば多少の改造が出来る、精力絶倫にしたり巨根にしたり精子の量を増やしたり・・・・・・
もしケモノと受精した受精卵に霊力を込めて強化したら・・・・・・男の中で黒い欲望が膨れ上がっていった。

どうせなら面白い交尾をする動物に憑依したほうが楽しい、男はネットで検索した結果、豚に憑依することに決めた。
依代(よりしろ)になるブタを見つけてから4ヶ月。男は毎日豚に憑依しては瞑想で豚自身の霊力を高め、
高めた霊力で豚の性器を強化し、精子も生きがよくなるように強化した、元々大きかった豚だったので素質はあったが、

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年2月2日 | H体験談カテゴリー:フェチ・マニアな体験談

【フェチ】二度目の交尾【マニア】

 あの日を境に、私に対するジョッシュの態度が変わってしまいました。妙になれなれしくなったというか、体をすり寄せてきたり飛びかかるような仕草をするようになったんです。私はすぐに、また体を求めてるんだって分かりました。でも、一度してしまったとはいえ、そんなに簡単に割り切ることはできません。ジョッシュがそんな態度を取るたびに、私は適当にあしらいながら部屋に逃げ込んでしまいました。
 そんなことが2日くらい続いたあと、ペニスを大きくさせたジョッシュが私に飛びついてきました。切羽詰まった様子で足を抱きかかえるようにして、辛抱できないというように何度も腰を振ってきます。さすがにジョッシュが可哀想になったのと、夫や子供の前でこれをされたらマズイと思い、私は仕方なく相手をしてあげることにしたんです。
「ちょっと・・。ジョッシュ、待ってっ!!」
 服を脱いでいる途中だというのに、真っ赤なペニスをブルンブルンと揺らしてジョッシュが飛びついてきました。本当に我慢できないという感じで、目つきまで変わってしまったように思えます。でも、濡れていないのにあんなに太いペニスを挿れられるはずがありません。私はどうしようか考えたあと、掲示板に書いてあったことを思い出してキッチンに走っていきました。
「ジョッシュ、舐めて・・」
 牛乳を手にとって股間に塗り、ソファに仰向けになって足を開きました。掲示板に書いてあったとおり、ジョッシュはアソコをベロベロと舐め回してきます。
「あんっ、あぁっ・・・」
 熱いヌルヌルとした舌で舐められ、私は簡単に感じてしまいました。夫のような繊細さはないものの、熱い大きな舌がダイナミックに動き回っています。
「んあっ、いっ、いいっ!!」
 ジョッシュが舐めるのを止めるたびに、私はすぐに牛乳を塗って何度も舐めてもらいました。大きい舌がアソコにビチャッとあたり、秘唇を割って奥の方まで舐め上げてくれるんです。そんな事を繰り返しているうちに、私はジョッシュのペニスが欲しくてたまらなくなってしまいました。
「い、挿れて・・・」
 前脚を持って引き寄せると、飛びかかるようにして身体の上に乗ってきました。ジョッシュは激しく腰を振り立て、大きくなったペニスが股間に痛いほどぶつかってきます。
「んうぅーーーーっ!!!!」
 手を添えて逞しいペニスを入り口へと導くと、一気に奥までズブッと入り込んできました。その瞬間、腰がビクンッと跳ね上がってしまい、アソコからすごい快感が広がっていきます。この前と同じようにすごい勢いで腰を動かされ、私はたまらずに大きな声を上げていました。
「いいっ、ジョッシュ、すごいぃーーーっ!!!」

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

||

2014年2月2日 | H体験談カテゴリー:フェチ・マニアな体験談

【フェチ】久しぶりにキレがあったので【マニア】

<>73:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/06/12(日)14:06:37.68ID:HgKwsUnz0<>
フ●ラするときに髪がじゃまにならないように
ポニーテールにすると彼氏のオチ●チンがすごく硬くなるw
男の人てポニーテール好きなんだなあて思ってたら、
このまえ彼氏のパソコン覗いたときに
馬の交尾シーンの動画がたくさんあってドン引きした・・・
まあ私も馬さんの怒張した巨根に見入ちゃってオ●ニーしちゃったけどw

H体験談検索用タグ



2014年2月1日 | H体験談カテゴリー:フェチ・マニアな体験談

【フェチ】中学生【マニア】

<>24名前:友美投稿日:03/07/1112:48ID:F4H8HaOe<>
みなさんこんにちは、友美っていいます。
今年の夏にした変態H体験を聞いてください。

うちにはケントっていう名前の
シベリアンハスキーがいます。
実は、私にHなことを教えてくれたのは
ケントなんです。

私が中学生で、
まだケントが小さかった時のことです。
部屋の中でケントと遊んでいるときに、
スカートの中に入ってきたケントが
足の付け根のあたりをペロッて舐めたんです。

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

|||||

2014年2月1日 | H体験談カテゴリー:フェチ・マニアな体験談

【フェチ】バター犬体験がこんなことに・・【マニア】

俺と俺のカノジョがゲーセンデートの帰りにブラブラと歩いてたら
カノジョが「今日もゲームばっかでつまんないよっ。
他に何か面白いこと考えられないの?」って言ってきた。

俺は「お前はセックスしか楽しくないだろ〜w今日もやりてぇのか?」って言ってやったら
カノジョは「セックスまであんたはワンパターンだし」なんて言いやがった。

俺は「(俺だってがんばってんだよっ!)」って思いつつ、
「じゃあ、舐めまわしてやろうか?」って言ったら
「あんた舌遣いもイケてない」って・・(オイ、どこまで侮辱する気だよ。)

俺「じゃあじゃあ、お犬様にでも舐めてもらえよ」
カノジョ「あー、いいかもねー。舌遣いうまそうだしねー。」
俺「あ〜わかったよ。じゃあ今日はお犬様と3Pだかんな!」
カノジョ「あー、それは楽しそうですねー。」

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

|||||

2014年2月1日 | H体験談カテゴリー:フェチ・マニアな体験談

【フェチ】下着泥棒【マニア】

随分前の話だが下着泥棒に悩まされてた俺の姉(一人暮らし)
盗まれた枚数が二桁を突破してついに切れてしまい、一旦実家に帰省。
何をするかと思ったら、実家で飼っている犬(秋田犬・メス)にパンツを履かせてデジカメで撮影してマンションへ。
犬パンツ(しみつき)を干しておいたところ、早速盗まれる。
次の日、撮影した写真を吊るしておいたら、それ以降盗まれることはまったくなくなりました。

H体験談検索用タグ

|

2014年2月1日 | H体験談カテゴリー:フェチ・マニアな体験談

【フェチ】オタビッチ調子に乗りすぎだよ【マニア】

先日から、アメンバー申請をしてくださる方が50名ほどいらしゃいますが、ほとんどの方は某コピペサイトからいらっしゃた方とおみうけいたします。

申し訳ありませんが、皆様がご期待されていると思われる内容のアメンバー記事や画像はございませんので申請はお断りいたします。

アメンバー記事には商品の画像等を掲載しておりますので、ある程度趣味や交流のある方々以外は申請の受け付けをしておりません。

シューアイス

こいつ

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

|||||

2014年1月31日 | H体験談カテゴリー:フェチ・マニアな体験談

【フェチ】鶏と僕【マニア】

865新着:(‘A`):2007/09/07(金)18:49:28O
じいちゃん家には美味しいたまごを生むニワトリがいた。ある日俺は偶然ニワトリがたまごを産む瞬間を目撃してしまった。
喪前らそんな瞬間目撃したことないだろうから分かりにくいかもしれんが、肛門みたいなとこから
ニュニュっとたまごがでてくるのを見て俺は何とも言えない気分になって、あそこにチンコを入れてみたくてしょうがくなった。
1週間オナ禁して、遂に実行にうつすことにした。真夜中ニワトリ小屋に入って
暴れまくるニワトリを捕まえた。興奮しながらたまごの穴にチンコを入れようとする俺。
きつくてなかなか入らなかったから若い娘のマンコはキツイって思い出したらさらに勃ってきた。その後は無我夢中で腰振りまくって
ニワトリの鳴き声さえもあえぎ声に脳内変換されていた。「コケッェーココー」みたいに必死で鳴くニワトリに
「やめてだと。下のおくちは喜んでるくせに」とか色々話しかけた。もうすぐ射精というところで顔面を照らされた。
そこには猟銃持ったじいちゃんが立っていた。じいちゃん驚いたような悲しいような目をしてた。その後俺は親に精神科に連れていかれた。
今も精神異常者に見られてる。今思えばニワトリの口にガムテープ貼っとくべきだった。

H体験談検索用タグ



2014年1月31日 | H体験談カテゴリー:フェチ・マニアな体験談

【フェチ】自転車ぬこ【マニア】

高校生の頃。
コンビニで買い物を終えて駐輪場に行ったら
俺のママチャリのカゴの中に猫が入っていた。
頭にきたので思いっきりカゴに蹴りを入れた。
驚いた猫が飛び出して、途中で一回転んでから逃げていったのは愉快だけど、
自転車は勢いよく倒れて、そのせいでところどころが歪んでしまった。
もちろん蹴ったカゴは形が変わっていた。直すのに苦労した。
大失敗である。
カゴを蹴るんじゃなくて、起こさないように近づいてから、
手ごろな大きさの石を叩きつければよかった。

H体験談検索用タグ



2014年1月31日 | H体験談カテゴリー:フェチ・マニアな体験談

【フェチ】モンスターx少女【マニア】

魔界、そこは弱肉強食の原理に支配された混沌の世界。いかなる行為も力の前には許され、いかなる倫理も力の前には屈服する。
 その原理に、とある少女が晒されていた。
 少女は下級の悪魔だった。かろうじて信頼できる同属の群れで生き、やはり自分より弱いものを食い物にしてきた。
 その因果だろうか、彼女も現在、他の生き物に踏みにじられる立場にあった。だがそれは捕食という形態よりはるかに醜悪で邪悪な形での蹂躙だった。

 少女は、苗床として使われていた。

 醜悪な姿をした獣が、少女の前にやってきた。少女よりはるかに大きい体格は、かろうじて人型と呼べる手足が付いていた。
「あ、あああ…」
 魔獣の登場に、しかし少女は逃げなかった。
 両手が壁に埋め込まれていた。少女が今いるのは、このモンスター――厳密にはこのモンスター達の群れが作った巣の一部だ。巣は彼らが自分の分泌液を混ぜて固めた泥でできており、乾燥した泥は岩のように硬くなる。少女の細腕では砕けない。
 だが…たとえ砕けたとしても、少女は逃げなかっただろう。
 モンスターの姿を見つけた少女は、自ら足を開き、秘所を晒しながら、蕩けるような笑顔を浮かべた。
「ああ…旦那様ぁ…お情けを…かけに来てくださったのですか?」

このH体験談の続きを読む »

H体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年1月31日 | H体験談カテゴリー:フェチ・マニアな体験談

このページの先頭へ